環境分析

食品検査

食材、食品中の微生物検査

食品衛生法に基づいた、食材・食品中の微生物検査を実施しています。
検査を実施することにより、原材料や製品がどれだけ微生物に汚染されているかを知ることが出来ます。

当会で実施している主な検査内容
検査項目
一般生菌数 腸炎ビブリオ菌
大腸菌群(定性) 真菌
大腸菌群(定量) 大腸菌(定性)
黄色ブドウ球菌 糞便性大腸菌群
サルモネラ菌  

※上記以外の、微生物検査についてはページ下側の連絡先まで、お気軽にお問い合わせください。

調理器具等の拭き取り検査

食品の微生物汚染は、原材料由来(一次汚染)と加工工程(二次汚染)があります。
より安全な食品を提供するために、調理品・調理施設内・調理従事者などの衛生状態を把握することが重要となってきます。

調理品:提供する直前の商品の衛生状態を確認できます。
調理施設内:調理器具などの衛生状態、洗浄が適切にされているか等を確認できます。
従事者:手洗いが適切になされているか確認できます。また従事者が触れる取手、ドアノブ、蛇口などの汚染状態が確認できます。

当会で実施している検査内容
検査方法 検査項目
フードスタンプ法
または
拭き取り法
一般生菌数
大腸菌群
サルモネラ菌
黄色ブドウ球菌
腸炎ビブリオ菌

検便検査(腸内細菌検査)

調理従事者などには、感染防止の観点から法律で検便検査が義務付けられています。

当会で実施している検査内容
検査項目
赤痢菌 O-157
サルモネラ菌 O-26
腸チフス菌 O-111
パラチフス菌 カンピロバクター
腸炎ビブリオ菌 ノロウィルス

※1 その他にも、水道関連従事者向けの検便検査も行っています。
 (水道関連従事者とは、水道事業職員、水道施設に入られる方など多職種にわたります。)

検査の流れ、ご不明な点等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

TEL:079-295-3366(直通)
FAX:079-295-3369(直通)
E-mail: kankyo-b@himeji-med.or.jp