予防接種

  • 予防接種

予防接種

感染症から大切な子供さんを守る一番有効な方法は予防接種です。
しかし、感染症で多くの人が亡くなっていた時代が過ぎてしまうと、ごくまれに起こる健康被害に目が向きすぎ、予防接種によって獲得した免疫が感染症の流行を抑えていることを忘れがちです。
予防接種は大切です。大切な子供たちの健康を守るために、決められた期間のできるだけ早い時期に予防接種を受けましょう。まず、生後2か月からヒブワクチンや小児用肺炎球菌ワクチンが接種できます。
姫路市では委託医療機関で予防接種を実施しています。医療機関ごとに診療時間、接種日時が違いますので、接種に行く前に必ず医療機関へお問い合わせください。
市から配布されている予防接種券と母子健康手帳を必ず持参してください。持参していないと接種できない場合があります。

予防接種の種類と接種時期

予防接種にはいろいろな種類があります。各予防接種には、それぞれ接種回数と接種時期が決められています。接種期間が過ぎてしまうと接種できなくなりますので、接種漏れのないようにスケジュールを立てましょう。
下記のサイトにスケジュールが詳しく説明されていますのでご利用ください。

予防接種を受ける前に

○ 一般的注意
  1. 受ける予定の予防接種について、通知やパンフレットをよく読んで、必要性や副反応についてよく理解しましょう。
  2. わからないことは、接種場所で接種を受ける前に質問しましょう。
  3. 受ける前日は入浴(またはシャワー)をさせ、体を清潔にしましょう。
  4. 当日は朝からお子さんの状態をよく観察し、普段と変わったところのないことを確認してください。接種に連れて行く予定をしていても、体調が悪いと思ったら、やめる勇気をもちましょう。
  5. 清潔な着衣をつけさせましょう。 ○予防接種を受けることができない人
○ 予防接種を受けることができない人
  1. 明らかに発熱のある人
  2. 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人
  3. その日に受ける予防接種によって、または予防接種に含まれる成分で、アナフィラキシーを起こしたことのある人
  4. 麻疹、風疹では妊娠していることが明らかな人
  5. その他、医師が不適当な状態と判断した場合

接種を受ける前に